go back to list


この対話型コールの特徴は、電話が可能とさせる既存の通知サービスに拡張され得ることです。 対話型コールサーバーは、既存の金融アプリケーション(例えば、すでにE-mailを通して 通知するようなもの)へ中継できます。 そのあと、ユーザーがPCを接続してE-mailを受け取る代わりに、 特別な番号をコールし、自動メッセージを再生することで電話コールをもらいます。 このアプリケーションは、ブローカーにコールバックすることができ、 また、ただ聞くことや、対話型音声応答(IVR)技術を用いた選択電話オプション で情報を確認したりできます。 これは、株式取引サービスや銀行業務サービス、また、自動通知を行っているか、 行うことが望まれているあらゆるビジネスプラットフォームに利用することができる。


 
    Copyright © 2001 InterLinear Technology Inc. All rights reserved