go back to list


ILTの Active Messaging Server は、"active messages" と"InterActive calls"を送ることができます。 これらはWeb上で構成され、電話で送り出されるメッセージと対話型メニューです。

Active Messaging は、顧客とアナウンスメントや伝言でコンタクトをとるための 先取りしたメカニズムです。それは、計画的にE-mailやFAX、テキストメッセージを使った 電話コール(Text-to-Speech)によるアウトバウンド、E-mail、FAXのためのマルチメディア、 そして、電話のための音声メッセージを提供します。 対話型コールは、コールされた人がエージェントが構成した対話型音声応答(IVR)を得 ることを除いて、Active Messagingに似ています。 そのIVRは、顧客がメッセージを残すこと、エージェントに接続しなおすこと、 キーパッドを使って質問に答えることを可能にします。 その顧客はまた、自動でストック・アラート通知やバンキング情報を、 携帯電話やPDA、E-mailやFAXで受け取るかもしれません。 IVRメッセージは、顧客が生きたブローカーやサービス・プロバイダーに つなぎ返し、彼らの株式ポートフォリオを更新したり、銀行業務関係を変えることが できるようにします

active messageは、計画的に送出されるメッセージであり、放送基盤です。 それは、音声メッセージやE-mail、FAXやビデオメールにできます。 例えば、制作者は特定の宛先にダイヤルし、メッセージを再生するマシンに、 スケジュールと共に聞き取れるメッセージを置くかもしれません。 このことは、メッセージの制作者をリアルタイムな多数の生の通話の強制から解放します。 それは、メッセージを、たくさんの異なる場所にいるたくさんの人々に放送すること簡単にします。

go back to list


 
    Copyright © 2001 InterLinear Technology Inc. All rights reserved